FUT-LOG

フットサルを中心に雑食的フットボール観戦記

ゼビオFリーグ 第24節 デウソン神戸 vs アグレミーナ浜松

2016年12月11日(日)

この日は町田市総合体育館へと。ついこの間ここで ペスカドーラ町田と対戦 したばかりなのですが、今回はデウソン神戸アグレミーナ浜松の試合を町田のホームで「共同開催」するというなかなかよく分からない形(^^;; だけど個人的には家から近い会場でいっぱい浜松の試合をしてくれてとっても助かります(笑)

開場時にはイーグルくんとチアリーディングチーム・フィオーレのみなさんがお出迎え。近くて照れる(´ェ`)

Fリーグオールスターゲーム 以降、怪我で戦列を離れていた銀島壮志選手が復帰。初ゴールを決めたこの町田で復活アピールできるか!?


※素人が撮った下手くそな写真ですが、お金と時間をつかって会場まで通い、夫婦で一生懸命撮った写真です。適切な引用は歓迎しますが、無断での転載・転送はご遠慮ください。


ゼビオFリーグ 第24節 デウソン神戸 vs アグレミーナ浜松

試合結果

デウソン神戸 5-5 アグレミーナ浜松(前半3-3)
公式試合記録

神戸得点者:19.山蔦、9.松浦、22.野嶋、9.松浦、14.銀島
浜松得点者:19.森、88.稲田、30.松宮、5.森、18.相井

神戸ゴールシーンハイライト


アグレミーナ浜松メンバーは1.石黒、6.萩原、8.松本、9.松浦、12.山桐、13.山元、14.銀島、15.和久田、16.須藤、18.小池、19.山蔦、22.野嶋。14.銀島が復帰し、前節 Fデビューした31.名倉に変わって12.山桐が入った。

神戸は前節の敗戦で7位に後退したものの、まだプレーオフへの可能性を残しているだけに絶対に勝点3が欲しいところ。


前半

浜松のスタメンはGK1.石黒、9.松浦、8.松本、13.山元、19.山蔦。セカンドセットに6.萩原、16.須藤、18.小池、22.野嶋。怪我明けの14.銀島と、最年少12.山桐は各セットに交代で組み込まれる形。

キックオフからわずかに20秒、なんと先制は浜松!19.山蔦の放ったファーストシュートがネットに突き刺さる! しかし、前半3分にはコーナーキックから19.森の豪快なボレーシュートで失点。試合は振り出しへと戻された。

前節大阪戦での退席処分 を受けて不在だった保田監督に代わり、この日指揮を執るのは豊島監督代行。‬

ゴール前へのパスをGK1.石黒がキャッチするとそのままドリブルで駆け上がり自らシュート!!先週の湘南GK・フィウーザのスーパーゴールを彷彿とさせるようなシーンだったがゴールとはならず。

前半8分、ゴール前でピヴォ当てのパスを受けた9.松浦、DFのチェックを受け体勢を崩しながらも反転シュート!これが決まって浜松が勝ち越すが…

しかしそこからわずか30秒。88.稲田のカットインシュートが決まって同点。リードする時間を長く保てない浜松、ふたたび試合を振り出しに戻される。

そして前半14分、7.原田がDFを引きつけてからの落としのパスを30.松宮が叩き込みゴール!フットサルのお手本のような展開でついに神戸が逆転。

しかし前半終了間際、タイムアウトを取って仕掛けて来た神戸のCKを凌ぐと、浜松がカウンターへ持ち込む。ゴール前に入れたパスはDFにカットされるが、粘り強く奪い返した22.野嶋がゴール!残り5秒で同点として前半は3-3で終了。


後半

ファーストセットの8.松本、9.松浦、13.山元、19.山蔦でスタート。神戸はGKを小石峯から村山に変えて来たが、後半も取って取られてのシーソーゲームな展開に。

まずは21分、右サイドキックインから9.松浦のチョンドンシュートが決まり浜松が再逆転。これで松浦は2試合連続で2ゴールだ。

3度目のリードを奪った浜松はここで12.山桐を投入。前節デビューを果たした31.名倉に負けない存在感を示したいところ。

しかし26分、3試合ぶりの勝ち星を目指して勢いづく浜松にアクシデントが。接触プレーで膝を痛めた9.松浦、起き上がれず手を交差しせて×マークを出すが試合は止まらず。数的不利なところを5.森に決められてしまう。

松浦はタンカで外へ運び出された後、自身で立ち上がったもののベンチで右ひざをアイシングしたままこの日はもう出場できなかった。

9.松浦の抜けたファーストセットには14.銀島が入ったものの、前線でターゲットとなる選手を欠きジリジリと攻められる時間が増えていく。34分には18.相井のゴールでふたたび神戸に逆転を許してしまう。

残り5分を切って1点ビハインドとなった浜松は、ここでGKを1.石黒のままでパワープレーという新たなオプションを見せる。しかしまだまだおっかなびっくりという感じであわやパワープレー返しという場面も…

途中からは16.須藤をGKに切り替えてパワープレーの攻めに変化をつける浜松。するとこれが奏功したか後半残り47秒、ゴール前で須藤、さらに山元が潰され体勢を崩しながらも右サイドへ落としたパスに14.銀島!豪快なミドルシュートをサイドネットに突き刺し浜松が同点に追いついた!!

両者とも最後の1秒まで勝利を目指してお互いにパワープレーを仕掛け合うも得点は生まれず、激しい打ち合いは5-5の痛み分けという結果になった。


たくさん取られもしたけれど、取るべきところで取ることもできた試合。

だけどたくさんゴールが入ったからだけじゃない、選手たちが最後まで諦めない強い気持ちを見せ続けてくれたから見ていて面白かいゲームでした(๑•̀ㅂ•́)و✧

会場では思わぬ懐かしい人にも出会えたし、本当にいい1日だったなぁ(^^)


その中で唯一残念だったのが、松浦選手の怪我の具合。試合後の松葉杖姿が痛々しい…

誤解を受けることも多いけど今季は開幕から気迫と覚悟を感じるプレーを見せてくれていてやっと結果に結びついてきたところだったのに…大事でないことを祈っていましたが診断は「右膝内側側副靭帯損傷」。当初は全治2カ月と発表されたものの、結局翌シーズン開幕まで影響を引きずる大怪我となってしまいました。

だけどこの怪我を乗り越えて、人間的にもまた一回り成長した姿を見せてくれるのを待ってるぞ!イサム!!


関連記事


参考記事

浜松、神戸と5―5 Fリーグ第24節|静岡新聞アットエス

神戸と浜松の一戦は計10発の乱打戦もドロー《神戸vs浜松》
http://sp.f-lg.jp/news/view?news_no=261280

★豊島監督代行「1試合でも多く良い戦いを」《神戸vs浜松》    http://sp.f-lg.jp/news/view?news_no=261332

‪神戸を相手に5-5の熱戦。浜松・豊島監督代行「アグレミーナのカラーを出せていた」 ‬ ‪http://www.futsaledge.jp/archives/11712

Fリーグ第24節vsアグレミーナ浜松戦|試合後インタビュー | デウソン神戸
http://www.deucao-kobe.com/2016/12/11/6499/

松浦勇武選手 負傷の状況について | アグレミーナ浜松公式サイト
http://agleymina.jp/news/news-5180.html

第25節 保田監督ベンチ入り停止及び監督代行について | アグレミーナ浜松  
http://agleymina.jp/news/5196.html



にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村